「頻尿」を治したい人は、国内で1,000万人を超える

「トイレが近い」
「トイレの後もスッキリしない」
「夜間にトイレのために起きてしまって睡眠不足」
「常にトイレのことが気になり、活動に制限が生まれてしまう・・・」
「トイレトイレって、カッコわるい・・・」

 

そういった悩みをお持ちの方が非常に多くなっています。一説によれば、そういった排尿の悩みを持っている人は国内に1000万人を越えるとか。その中でも最も多く、困った症状のひとつが「頻尿」です。

 

トイレの回数が多くなるだけでも、歳をとったと感じてしまいますし、実際問題、尿漏れや失禁が起こると社会的にも心理的にも大変ですよね。また、夜間に眠れないことによって日中の活動に悪影響が出ることも多いです。

 

そのように生活の質を著しく低下させてしまうこの症状ですが、加齢に従って男女ともに増えていくと言われていますし、様々な原因があるために若年層でも頻尿の悩みを持っている人も多いです。

 

こういった悩みを抱えつつも、実際医療機関に行く人は少ないそうです。気恥ずかしい気持ちが強く、自分で自宅で治したいという人が多いのです。でもその前に、改善のためには原因をわかって、改善の方向性を定める必要があります。

 

実は、一言で頻尿と言っても、その原因は男性と女性でも違うんです。

 

頻尿の原因は?

頻尿の原因は男性と女性では違っていますし、年齢ごとにも傾向に違いがあります。ここでは男女差による原因の違いに注目してみましょう。

 

◎男性頻尿の原因
男性頻尿の主な原因は、前立腺肥大と過活動膀胱です。

 

前立腺とは、膀胱の下から尿道の周りを取り囲むようにしてある臓器ですが、これが肥大化することによって物理的に膀胱や尿道を圧迫するために、おしっこが出にくくなったり、また膀胱が刺激されて残尿感が強くなります。

 

過活動膀胱というのは、何らかの原因によって起こる、排尿に関わる筋肉の過剰収縮です。排尿筋が排尿の際に収縮することで排尿を行い、排尿後はゆるんで元に戻ることで尿が止まりますが、過活動膀胱になると、ゆるまずに排尿筋が収縮し続けるため、残尿感や尿意が継続します。

 

◎女性頻尿の原因
女性頻尿の主な原因は、膀胱炎と過活動膀胱です。

 

女性は男性と比較して尿道が短く、外部からの最近が膀胱に入りやすく、そのために膀胱内において細菌感染が起こり、炎症を生じやすくなります。炎症による刺激によって、尿意が生じるようになります。

 

男性同様に過活動膀胱も多いですが、女性の場合は妊娠・出産といったイベントで、骨盤底筋が損傷したり機能の低下を起こすことがあり、そのために排尿筋の働きにも異常が起こりやすいと言われています。

 

その他にも、冷えや自律神経失調など、男女に共通して様々な原因が見られます。

 

対応するサプリメントも男女別

同じ頻尿の症状とは言えども、その原因が男女によって違いますから、当然、頻尿対策サプリメントも男女別に作られていることがほとんどです。

 

男性向け → 特にノコギリヤシやイソサミジンが配合されたものが多い
女性向け → ピポカボチャ(西洋カボチャ)やクランベリー配合のものが多い

 

これらは日本ではまだ認可されていないものの、海外では医療用として用いられる実績ある成分ですから、その効果も期待できます。

 

主要な成分は同じようなものが多く、その含有量も大差ないことが多いので、選ぶ際にはサポート成分や製造方法などにも注目していく必要があります。やはり、評判の良い商品ほど、高品質へのこだわりが見られます。

 

以上を踏まえ、頻尿に対し確かな効果が期待できる市販サプリメントについて、クチコミや販売実績、有効性をもとに、ランキング形式でご紹介したいと思います。

【男性編】頻尿対策|人気ケア商品ランキング

ノコギリヤシEX

夜中に何度もトイレに行きがちで、排尿後もスッキリしない、そんな方々のためのサプリメントが小林製薬の「ノコギリヤシEX」です。特に男性の排尿トラブルに有効と言われる有効成分ノコギリヤシは、世界中でその効果が認められ利用されている成分です。

 

また、トマトリコピンやその他植物エキスも、年齢と共に低下が起こっている体の諸所の機能改善に有効に作用します。それらが製薬会社の安心の技術で抽出・加工されている評価の高い商品です。

 

香料・着色料・保存料が無添加ですから、長期の利用による懸念も心配ありません。トイレの悩みのあった多くの方が改善効果を実感しています。

 

 

価格 容量 評価
1,890円 約30日分 頻尿,改善,対策

ノコギリヤシ+クラチャイダム

「ノコギリヤシ+クラチャイダム」は、中高年男性の排尿トラブルをケアし、正常な状態に整えてくれる排尿サポートサプリメントです。男性に多い前立腺肥大の影響による頻尿症状に対し、ノコギリヤシがその原因になる酵素の働きをブロックして未然に防ぎます。

 

そして、男性の悩み解決に有効なクラチャイダムを配合。豊富な栄養価によって、体の機能を改善して活力ある生活をサポートします。天然の植物の力で症状を改善するため、副作用の心配が要らないという安全性の高さも高評価。

 

トイレの悩みから仕事や生活に支障が出てしまい、自信が無くなっている方に、すっきりした毎日が帰ってきます。

 

 

価格 容量 評価
4,100円 約30日分 頻尿,改善,対策

クレアギニンEX

トイレでお悩みの方に人気のサプリメント「クレアギニンEX」は、他の頻尿サプリメントには見られない多種類の成分を配合した商品です。

 

腎臓の働きを高める他、男女それぞれのトイレ悩みに有効な成分を、業界トップクラスの配合量で詰め込んでおり、脇を固めるサポート成分も贅沢なものが使われています。

 

男女ともに利用できることや、コストパフォーマンスの高さ、安全性の高さなどから非常に幅広い層から支持されているようです。製造管理も医薬品レベルの工場で行われているので、安心安全の品質であることも評価されています。

 

トイレトラブルが多い年齢になったらまず考えてみたい商品と言えそうです。

 

 

価格 容量 評価
6,300円 約1ヶ月分 頻尿,改善,対策

ユラン・ケア(男性用)

ユラン・ケアEXは男性の排尿トラブルの改善サプリメントです。何かしらの排尿トラブルを抱えている人は一説では1000万人にも上るとされ、スッキリと解消してくれるサプリメントの需要も増えています。

 

ユラン・ケアEXでは男性の原因を的確にサポートする有効成分であるノコギリヤシ、ボタンボウフウ、イラクサを含んでいて、男性特有の問題から生じる排尿トラブルを改善してくれます。

 

また、マカやクランベリーなど多くの植物性成分を含んでいて、これらが体の調子を整えるとともに、排尿トラブルにもしっかり働きます。国際基準の工場で品質管理が行われているので、安全性もばっちり。毎日のケアで、すっきりした朝を迎えられるといわれています。

 

 

価格 容量 評価
9,400円 約1ヶ月分 頻尿,改善,対策

 

 

【女性編】頻尿対策|人気ケア商品ランキング

さわやかフリー

「さわやかフリー」は、トイレについてのお悩みを抱える女性におすすめです。ペポカボチャの種子やマカの働きによって、尿をためる力、出しきる力をサポートし、頻尿の悩みに応えてくれます。

 

豊富なアミノ酸やビタミン、ミネラル、有効成分を多く含み、体の栄養バランスも整えてくれるサプリメントです。すでに15年の実績があり、累計で42万箱を突破していますから、多くの方々が使い、その効果を実感ずみ。

 

特に頻尿の悩みが気になる年齢になってきた頃におすすめです。自然由来の成分が利用されているので安心して使えるのも良いですね。毎日の生活に安心を与えてくれる嬉しいセルフケア商品です。

 

 

価格 容量 評価
2,376円 2週間分 頻尿,改善,対策

ペポカボチャ種子エキス&クランベリー

ペポカボチャ種子エキス&クランベリーは、中高年女性に多く見られるトイレのお悩みに有効なサプリメントです。

 

過活動膀胱に有効として西洋では医療機関でも用いられるペポカボチャと、美容効果だけでなく膀胱のトラブルにも効果が高いクランベリーの相乗効果で、特に女性の排尿トラブルの改善に有効です。

 

おしっこのキレが悪い、昼夜を問わず頻繁にトイレに行きたくなる、トイレが気になってしまって落ちつかない、そういったトラブルでお困りの方に、愛用されています。毎朝スッキリしたいという中高年女性に特に有効で、多くの方が天然由来の効果を実感しているようです。

 

 

価格 容量 評価
907円 約30日分 頻尿,改善,対策

すっきりさわやか習慣

年齢と共に、排尿に関する様々なお悩みが出てくるものですが、「すっきりさわやか習慣」は、頻尿、尿漏れに有効なサプリメント。排尿の悩みに有効と呼ばれるノコギリヤシと西洋カボチャを配合し、男性でも女性でも効果が期待できるというのが最大の特徴です。

 

しかもこれらが、他メーカーの商品に比べて高濃度に配合されています。余計な添加物を極力減らし、負担無く続けられるようになっていて、排尿に関する様々なトラブルを改善する効果が出やすくなっていますから、サプリメントが長続きしなかった人でも大丈夫です。

 

トイレの悩みから外出に不安をもっていた人も、活動的な毎日に戻れると評判です。

 

 

価格 容量 評価
7,600円 約30日分 頻尿,改善,対策

ユラン・ケア(女性用)

ユラン・ケアは排尿トラブルを抱えた方のためのサプリメント。女性は特に、65歳以上にもなれば3〜4人に1人がトラブルを抱えるものですが、こういった症状の改善を助けてくれるように作用してくれます。

 

特に、泌尿器系の解消に有効なペポカボチャ種子と、女性特有の悩みに強い大豆イソフラボン、そして多数の植物性ポリフェノールの働きによって、体の機能を正常化して、頻尿などのトラブルを解消していきます。

 

国際基準の品質管理によって、安全性もしっかりしていますから、毎日のサプリメントとして安心して利用することができます。歳を取れば排尿のトラブルは仕方がないと思ってしまいがちですが、しっかりケアをすることで影響は小さくできるのです。

 

 

価格 容量 評価
2,800円 約1ヶ月分 頻尿,改善,対策

頻尿を生じさせる5つの原因

頻繁にトイレに行くようになることをいわゆる頻尿と言いますが、自覚がないだけで実は頻尿だという人も多くいるそうです。

 

膀胱の大きさや尿の生成の早さには個人差がありますが、一日あたりの尿の回数は平均7回前後だそうですから、それと比較して大きく差がある人は頻尿の疑いがあると考えてよいでしょう。

 

以下、頻尿の原因となりやすいものをご紹介しますので、頻尿が疑われる方は対策の参考にしてみてください。

 

 

理由1:病気の影響

何かの病気の症状として頻尿が生じることもあります。頻尿だけでなく、痛みなどが生じる、血尿が出る、尿の色がおかしい、そういった場合には病気の可能性を疑う必要があります。

 

残尿感が強く残ったり、排尿がスムーズにいかないなど、病気と呼ぶには程度が軽いと感じるような場合もあるため自覚しにくいですが、こういったものも非常に多く見られます。

 

頻尿だけでなく、他の症状がある場合は病気の可能性を考えて、一度医療機関で検査を受けるのが良いでしょう。

 

 

理由2:冷え性である

冷え性の人もトイレが近くなる傾向があります。基礎体温が低い人は、普段からあまり汗をかかない傾向があります。

 

尿は、汗と一緒に体外に出て行く分が一定量あるのですが、冷え性の人は汗からの排出が少ないために頻繁にトイレに行く必要が生じます。

 

冷え性は男性よりも筋肉量が少ない女性に多いので、女性の場合は冷えには特に注意する必要があります。また、冷え症でなくとも寒い日には汗が出にくいために、夏よりも冬はトイレに行く回数が増えるようになります。

 

 

理由3:緊張に弱い

緊張に弱い人の中には、大事な場面の前には何度もトイレに行きたくなる人もいます。

 

こういった人は、特別にどこかに異常があるわけではないのですが、緊張によるストレスから膀胱が刺激されて頻尿症状をきたすようになります。こういった症状を神経性頻尿と言います。

 

神経性頻尿の人は、ストレスの原因が解消すると普通の体質に戻ります。こういう人は手汗をかきやすいなど、緊張を受けた際のサインが体に出やすいので、自分の体の変化に注意を払うと良いでしょう。

 

 

理由4:食習慣

頻尿の原因には利尿作用の強い飲み物が影響していることも少なくありません。

 

身近で利尿作用の強い飲み物といえば、まずコーヒーとお茶が挙げられます。これらにはカフェインが多く含まれていますが、カフェインは膀胱を刺激し、排尿を促す性質があるため、

 

飲んだ量は少ない量だとしてもトイレにいきたくなる場合があります。そのため、飲み物を摂取したにも関わらず脱水症状になりやすいので、特に小さいお子さんや高齢の方の場合は注意が必要です。

 

酸味のあるジュースも膀胱を刺激し、トイレを近くするので飲みすぎには注意です。

 

 

また、アルコール類も排尿を促すので注意しましょう。アルコールには抗利尿ホルモンの分泌を低下させる働きがあります。

 

つまり、尿を抑え、我慢する力が弱まるためにトイレに行きたくなります。ビールは特に、摂取量も多くなりがちで、体温も下がりますから気をつけましょう。

 

 

理由5:加齢

加齢によって体調にはいろんな変化がありますが、いわゆる加齢による病気とはまた別に、老化症状にも頻尿があります。

 

高齢になるにつれて抗利尿ホルモンの分泌量が減り、また骨盤の筋肉も低下してしまうために、尿を我慢できなくなってきます。

 

その他にも、全身の筋肉量が減ってくると冷えから汗をかかなくなり、いっそう頻尿になるという様々な頻尿の原因が襲い掛かってきます。

 

ある程度は仕方ない部分がありますが、運動するなどして、多少でも頻尿の進行を抑えるようにするのが良いでしょう。

 

頻尿はどれくらいの回数から?

トイレの回数が多くなると、「もしかして、自分は頻尿なのかもしれない」 と思ってしまうこともありますよね。

 

「頻尿」というと何か非常にまずい感じがしてしまいますが、どこからが頻尿、というラインがあるものなのでしょうか?

 

頻尿と言われる状況

実はここからが頻尿という明確なラインはありません。トイレに行く回数や尿の量などには個人差がありますし、またトイレに自由に行ける環境とそうでない環境とでは違ってきます。

 

そもそも頻尿は病気というよりは状態を表すものですから、明確に定義することはできません。あくまで、頻繁に尿意がある状態のことを言うのです。

 

しかしながら、どれくらいからがトイレが多いというのかといえば、統計的には一日の排尿は7〜8回と言われていて、それを連日、大幅に上回る場合には頻尿と考えても良いでしょう。

 

 

焦らずしっかり判断しましょう

ただ、排尿の回数は個人差も大きいものです。また、尿意が強くなる原因は食事やその日の生活習慣、季節や気候などにも大きく影響しているものですから、必ずしも8回を超えてしまったからと言って気にすることはありません。

 

一日だけ多くなることもありますし、毎日9回10回であれば、そこまで問題はないと思います。ですから、原理原則で頻尿を考えるのは意味がありません。

 

 

大事なのは生活への影響

トイレの回数が増えるのは必ずしも悪いわけではありませんが、仕事中や睡眠中などに尿意があると、それによって仕事や生活の質が下がります。

 

そうならないように頻尿対策をすることが大事です。トイレの回数が多いことを気にするより、どんな時に尿意がして困るのか考えてみましょう。

 

もしも困っていることが特に無ければ、無理に改善する必要はありません。頻尿の改善や治療が必要なのは、あくまでそれが生活に悪影響を及ぼす場合です。

 

回数やイメージに縛られず、生活への影響から頻尿について考えるようにしましょう。

 

頻尿の人のための膀胱訓練法

頻尿で悩んでいる人は、ぜひ膀胱訓練によって改善を図りましょう。

 

膀胱訓練は頻尿まではいかなくとも、寒い季節などにトイレが近くなる人にも有効で、簡単なトレーニングで頻尿症状を改善して、生活の質を上げる効果があります。

 

 

膀胱訓練とは?

膀胱訓練というのは、頻尿対策に行われるトレーニングで、簡単に言えば「おしっこを我慢し、膀胱にためる」ためのトレーニングです。

 

これによって、膀胱の容量を少しずつ大きくすることができますし、トイレに行く回数を減らす効果が期待できます。

 

 

膀胱訓練はどんな人に有効?

膀胱訓練は基本的に頻尿の症状がある人が行っています。しかしながら、そうした頻尿の人だけではなく、たとえば人よりもトイレが近い人であったり、尿意があるとすぐにトイレに行く習慣がついている人も、体質改善のために行っています。

 

また、膀胱に尿がためられず、一回あたりの尿量が少ないという方も、膀胱訓練をしてみると良いでしょう。

 

通常、一回あたりの排尿で、成人女性は200〜300ml、男性は300〜400mlの尿を排出しているといわれますが、この量より極端に少ない場合は考えてみてください。

 

 

一方で、尿を我慢してはいけないケースもあり、前立腺肥大症や膀胱炎、過活動膀胱、間質性膀胱炎、膀胱結石、前立腺癌、膀胱癌といったケースでは膀胱訓練はせず、まずは排尿することが大切です。

 

また、血尿や排尿時に痛みを生じるなどの場合は、膀胱訓練の前に医療機関でしっかり診察を受けましょう。

 

 

膀胱訓練の方法

肝心の膀胱訓練の方法は実に簡単です。まず、スタートは少し尿意を感じてきたタイミングです。そこで、肛門や尿道に力を入れて尿を我慢します。

 

このとき、排尿のことではなく、別のことを考えて気を紛らわすと良いでしょう。これを毎回意識的に行い、尿をガマンする時間を5分、10分と延ばしていきましょう。

 

注意が必要なこととして、尿意は一定ではないので、無理に尿意が強いときに動くと尿を漏らすことがあります。

 

 

失敗からさらにトイレに意識が強くなると頻尿が悪化しますから、トイレに行くタイミングはなるべく尿意の弱いタイミングにしましょう。自信が無い場合は自宅で訓練しても良いですし、トイレ内で行っても大丈夫です。

 

 

〜コラム〜
今さっきトイレへ行ったのにまたおしっこがしたくなるとか、おしっこが思うように出ないという時は頻尿と病気の可能性があります。その原因はいくつかありますが、ここでは頻尿改善対策について考えてみます。それは食事と身体的な訓練などです。
■頻尿を改善する食事療法
食べ物で頻尿を改善する方法は、ウイルスに負けない身体づくりのために、リコピンを多く含む食材を食べましょう。これは細菌感染による頻尿を防止するのに効果があります。リコピンを含む食べ物にはトマトやグレープフルーツ、イチゴやスイカなどがあります。また海藻類やきのこ類には尿酸を体外に排出する効果があるので積極的に食べましょう。そして多尿症の場合は、利尿作用のあるコーヒーやビールなどの飲み物や、糖分の多い100%果汁ジュースなどは控えめにしましょう。
■膀胱訓練で膀胱を鍛えて頻尿を改善 
頻尿改善に効果があるとされるのが膀胱訓練で、つまり膀胱を鍛えて尿を多く貯めるようにする訓練です。無理を市内程度の訓練をすると、トイレに行く回数が減ります。方法は簡単で、トイレに行きたくなってもできるだけ我慢することです。無理のない程度我慢することで膀胱が大きくなり、トイレに行く回数が減ります。ポイントは初めのうちは無理をしないで、だんだん時間を延ばすことです。ただし病気が原因の頻尿では良くありませんから、その点は注意しなければなりません。
■骨盤底筋体操で筋力をつけて改善
骨盤底筋体操は端的に言うと筋力をつける体操です。骨盤底筋が弱まると頻尿になりやすいのですが、加齢で骨盤底筋は低下します。したがって年齢には関係はありませんが、特に高齢者にはおすすめです。体操は尿道や肛門を引き締めて、10数える程度静止して、ゆっくり緩める動作を何回か繰り返すだけです。場所と時を選びませんから、一日に何回かこの体操をして頻尿を改善しましょう。