クレアギニンEXを成分からみた効果

ノコギリヤシ400mg配合

クレアギニンEXの有効成分であるノコギリヤシは、一日分あたり400mgが配合されています。ノコギリヤシは男性の頻尿対策サプリメントの定番として、いろんなメーカーの商品で見られる成分ですが、多くの場合は一日あたり320mgになっています。

 

これは何か定めがあるわけではなく、元々ノコギリヤシが注目されるキッカケとなった実験において、一日あたり160mgを処方すると症状が改善されたという結果があったことから、より良い効果を考えて単純に二倍を含有しているところが多いからです。

 

実績ある成分であることや安全性に問題がないことを考慮し、ぜいたくに400mgの配合にしているので、よりよい効果を期待できます。

 

 

トイレ悩みの有効成分を多種調合

クレアギニンEXでは、ノコギリヤシ以外にもトイレ悩みに有効な成分が多く含まれています。たとえば、女性の頻尿対策に有効とされるペポカボチャや、その成分のイソサミジンが頻尿に有効とされる長命草(ボタンボウフウ)、腎臓に良いオルニチンを含むしじみエキスや、体の冷えの改善に有効なオタネニンジンのエキスなど、多くの有効成分が含まれています。

 

その原料の数はなんと29種類以上であり、これは業界トップクラスです。和漢として用いられる成分で、自然界から取り出したものですから安心です。ですから、トイレ悩みの解決において男女両方に効果があることはもちろん、その他の様々な体調不良に対しても有効性を発揮して、活力ある毎日をサポートしてくれるでしょう。

 

 

かん腎成分のL-シトルリン

昔から「肝心」と言いますが、この字は「肝腎」と書くこともあったそうです。肝臓や腎臓が大事なものであるように、大事なことといわれるわけですが、この腎臓の働きを整えることは排尿トラブルの改善に欠かせません。

 

そのための成分としてL-シトルリンをクレアギニンEXでは配合。もともとL-シトルリンはスイカに多く含まれるのですが、夏野菜であるスイカは多くの水分を含み、また利尿作用の高いカリウムを含むため、トイレ悩みのある人が食べるには不向きでした。

 

しかしながら、有効成分だけを抽出することに成功し、腎臓の機能改善に使うことができるようになりました。体の水分のめぐりを良くすることで、デトックス効果なども期待できます。

 

あの頃の自分を取り戻す↓↓